回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか?

じぶんをかえる

SNS誹謗中傷がひどくて有名人が自殺してしまうという、悲しい事件が起きました。

ネットでは、

誹謗中傷は有名税だから無視すればいい。

という人がいます。

スルー出来てるんでしょうか?

目に入ったら読んでしまいますよね。

目に入ったらどうすればいいかも含め、考えていきましょう。

 

スルー不可避。誹謗中傷は読んでしまう。悪口は聞こえてしまう。

回避不可能です。SNSで自分あての投稿は、なぜか目に入ってしまいます。

なんとなく自分あての当てこすりなんじゃないかな?

という投稿も目に入ってしまいます。

悪口言われてるような気がする。

遠くで話しているひそひそ話だけど、なんか悪口言われてるかもしれない。

わたしたちの脳は、そう思い込んだら、その情報を集め始めます。

良いことであれ、悪いことであれ。

  

相手を憐憫に思いましょう

小学生の時、肥満児であった彦仙。

見た目がデブであれば、小学校の時はいじめられます。

家でそのことを話しながら悲しくなって泣き出してしまった彦仙。

彦仙の偉大なる母は言いました。 

「彦仙や、相手をかわいそうだと思えば心が落ち着くんだよ。かわいそうだと思えれば、おまえはそいつに勝っているんだよ。」

引用元:1989年 彦仙の母の言葉より

当時、さっぱりわからず、そんなの意味ないよっ! て無視しました。

だから、20年間ぐらいほったらかしにしてたんです。

相手を憐憫に思う。

この行為は、怒りを不思議とおさまるといいます。

  

食らったら食らっただけハートは強くなるのか? なりません!!でした!!

社会人になり、

様々な出来事があり、

人にののしられ、操られ、

いろんな、人を憎らしいと恨んでしまう場面に出くわしました。

人生経験を重ねて思いました。

「こんなに嫌な気分になることいっぱいあったんだから、俺はきっとダイヤモンドのように強いハートだろう。」

でも、逆でした。

次はきっと嫌な気持ちになるだろう。という予想をたてて、

恐れるようになったんです。

望まない部署異動も経験しました。

そこで、いい出会いがありました。

異動先で昼休みに聞いていた、

武田鉄矢の今日の三枚おろし

ラジオ番組「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」で紹介「イヤな気持ち を消す技術」苫米地英人 (1)

ここで知りました。

心とは強くすることができない。

  

心は強くならない

この本、とても思い出深い本です。

望まない部署異動をさせられてしまった彦仙のこころは、

すっかりと腐っていました。

その時、心は鍛えることができないことを知り、

また、対処法も知ることができました。

しかし世の中には、なんと病んでいる人の多いことか。

同僚が僕に語り掛けます。

「パワハラにあっています。」

と泣きながら相談されました。

ちょうどこの本を読んでいましたので、差し上げることにしました。

いくらか元気になったようで、どんどん相談してくれるようになったし、

その後も良好でした。

結局、その人はやめてしまいましたが、

とてもいいことをしたかもしれない。

誇らしい思いに駆られました。

その後僕は、次々に相談に乗るようになりました。

大体解決できたと思います。

嫌な思いというのは範囲がとても広くて、それをなんとかできるということは、様々な悩みに対処できるということであったんですね。

この本のすべてを紹介しては長くなってしまいます。

中でも紹介したいのは

ネットの誹謗中傷対策としてはっきり書かれてあったことと、

一番身近ではあったのに僕が20年間放置していた

母から受けた秘伝技術

について脳科学的に解説しているものがありましたので、

紹介いたします。

  

脳の機能を使って嫌な気持ちを消す

嫌な気持ちとは、感情です。

「この気持ちが嫌だ」という感情です。

この本では感情のことを「情動」と呼んでいます。

情動がいるから、いやな気持ちもある。

誹謗中傷に有効な技術 プラスの情動を速攻で出す

すべては語りません。本をぜひ読んでほしいと思ってますので。

嬉しい。楽しい。気持ちいい。すがすがしい。誇らしい。

この感情をすぐに思い浮かべることができる仕組みを頭の中に作っておくこと

これらの感情を用意しておくことで、

誹謗中傷もさることながら、あらゆる嫌なことに対処ができます。

ヒントは、マイナス感情にプラスの感情をくっつける準備をしておくということ。

 

彦仙の家の秘伝技 「相手をかわいそうだと思う」

相手をかわいそうだと思えば、怒りはおさまる。

今はよくわかる、母ちゃんのありがたい言葉。

ずっとわかりませんでした。

ガンジーの言葉に、よく理解できないけど、近いような気がする言葉がありました。

弱い人間は決して許すことができない。許すということは、強い人間であることの象徴なのです。

マハトマ・ガンジー

嫌な奴がいて、嫌なことが起こって、嫌な気持ちになる。

書籍「嫌な気持ちを消す技術」には、

脳には前頭前野というところがあって

そこが動けば、

情動が消える

と書いてあります。

前頭前野は人間の脳で最後に進化した部分なんだそうです。

では、どうやって動かすのか?

  

前頭前野の動かし方

その方法がなんと、

相手を憐憫に思うこと。

だったのです。

嫌なことがあって眠れない夜、カッカカッカしたりドキドキしたりするとき、

「あいつはどうしても許せない!!」

大脳辺縁系の働きが優位になっている状態です。

これが、感情的な時。

これを一つ上の視点で俯瞰して、評価するという行為こそが、

大脳辺縁系の働きに前頭前野を介入させる行為。

つまり、情動をおさめることができる行為であるんだと。

映画グッドウィルハンティングでの例

同書籍では紹介しています。

主人公、若き天才ウィルは、その才能を見込まれ開花させるため、心理学者ショーンのもとにセラピーを受けてもらうために送り込まれます。

誰にも心を開かないウィルは、相手を遠ざけるため、ひどい言葉を使ってショーンをののしります。

死別した妻との大切な思い出の絵さえもけちょんけちょんに酷評。

いったんセラピーを終わらせます。

ショーンの胸の内、わかりますか?

それでもショーンはウィルにもう一度会います。

そして告白します。

最初の日にあったときに言っていたことを夜中までに眠らずに考えていた。

あることが思いついて、

すっと眠れた。

ウィルは自分で何をしゃべっているかなんて、まるで分っていない。

天才だから美術の本に書いてある知識を全部しゃべることはできるだろう。

でも、本物の美術館のにおいとか、実物を見たことが一度もない。

女の話を聞けば、好きな女のタイプをいろいろ上げるだろうし、

寝たこともあるだろう。

でも、

愛する女の隣で朝目を覚まして感じる

心からの幸せを、

僕に教えることはできない。

引用:映画グッドウィルハンティング

評価してますね。かわいそうだと思うことで、感情がおさまってますね。

実際に見てみると、きっともう少しわかります。

U-NEXTで見れます。無料トライアル31日間あります。

他にもたくさん、対処する方法が書かれていて、

本当にいい本でした。強烈にお勧めしたいです。

日本国内の人には特に読んでほしいです。

アファメーションも有効であると描かれています。

以前記事にもしました。

アファメーションとは何?目標が達成できるその理由を解説
どうもどうも秘伝コミュニケーション専門家。彦仙です。突然ですが皆さん、元気ですか?僕は社会人になって全くいいことがなく、つらい毎日を過ごしていました。だからいつも思っていました。元気なんてない。...

まとめ

  • ネットの誹謗中傷は回避が難しい
  • 見てしまったら傷つく
  • 批判は食らい続けても強くなれない
  • プラスの情動で対抗できる
  • 一つ上の視点で考えることで情動を消す

彦仙の職場にはいまだに病んでる人がたくさん。

親せきにも病んでる人がいるし、古い友達も悩んでました。

最近、

精神病院にいってきたとか、

手首をカットしたとか、

いろんないやな情報が彦仙にも

集まりすぎてるんですよ。

この世の中、何とかしたいですよね。

みんなで読めばきっと、

「全員が自分が自分であることを誇れる」日が来ると思っています。

人間関係についての記事も書いてるんで、よろしかったらどうぞ

ラポール形成って知ってる? 驚きの方法で人間関係超改善!!
あなたはラポールという言葉を聞いたことがありますか?もともとは心理学用語ですが、コーチングやカウンセリングなどでも使われ、ビジネスなど広く使用されるようになってきた言葉です。しかし、ラポールとは何か?と言われると「○○です」とハッ...
怖い男性がモテる心理学的根拠ストックホルム症候群とは何?
1度は刺激的な恋愛をしてみたい!というのはよく聞きますがテレビドラマなどで影響を受け、怖い男性との恋を憧れたりもしたものですよね。怖い男性がモテる心理学的根拠としてストックホルム症候群というのがあります。あまり聞いたことがないか...

コメント

  1. […] 怖い男性がモテる心理学的根拠ストックホルム症候群とは何? 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

  2. […] ラポール形成って知ってる? 驚きの方法で人間関係超改善!!’ 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

  3. […] 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

  4. […] 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

  5. […] 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

  6. […] 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

  7. […] 彦仙の家に伝わる秘伝技はここで紹介しました […]

  8. […] 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

タイトルとURLをコピーしました