ひこかつラジオ配信(ヒマラヤ)⇒毎日更新

あなたの味方が増える!!ラポール形成って知ってる? 驚きの方法で人間関係超改善!!

ことばとこえ

この記事は2020年11月15日に更新しました。

どうも彦仙です!!

人間関係が苦手で僕はコミュ障なんですと割り切って人付き合いを避けてしまっている人はいませんか?

僕は本当はみんなの輪の中に入っていきたかったのに入っていけなかったそんな皆さんの仲間です。

人間関係はすべてがうまくいくわけではありませんがよくする方法を学びさえすればよくなることもあります。

修正可能な人間関係があるとしたら直してみたいと思いませんか?

あなたはラポールという言葉を聞いたことがありますか?

もともとは心理学用語ですがコーチングやカウンセリングやNLPなどでも使われ、

ビジネスなど広く使用されるようになってきた言葉です。

しかし、ラポールとは何かと言われると「○○です」とハッキリ答えられない人も多いものです。

今回は今更聞けないけど人間関係改善には超大事なラポール形成方法について解説していきましょう。

ラポールとは信頼関係であり形成することが大事です

ラポールを気づいていくためにラポールを学ぼう

あなたは信頼関係を築いていくことを大事だと思いますよね。

今回紹介しているラポールとは信頼関係のことです。

会社の研修などできいたことがある人もいるかもしれません。

信頼関係を築くことをラポール形成といいます。

このラポール形成がとても大事であることはなんとなくわかると思います。

あなたが人間関係を良くしたいと思っていたらこのラポールについてよりよく理解しましょう

ラポールは心理学用語で信頼関係のこと

信頼関係ラポールは心理学用語です。

信頼関係と紹介しましたがどこからきているのかお話しましょう。

カウンセリングするときのセラピストと患者の信頼関係のことを指す言葉で、

オーストリアの精神科医メスメルという18世紀から19世紀に活躍した人が最初に使ったといわれています。

フランス語ですが実は歴史ある心理学用語なんです。

ラポール形成されている状態は親しくなれた状態

自分と親しい人とはラポールが形成されている状態です。

私たちの日々の生活は他者との関わりの連続です。

他者とのコミュニケーションによって成り立っているといっても過言ではないでしょう。

その日々のコミュニケーションによって親しくなった一部の人たちが、

友人や親友恋人や配偶者になります。

ビジネスでは顧客やパートナーとして長く付き合っていくことになるでしょう。

こういった親しくなれた一部の人たちとは信頼関係ラポールが形成されていると言えます。

  

どうやって形成されるのか?たまたまです……

ラポールはたまたま形成されます。

「あなたの友人Aさんとは、どうして友人になったんですか?」 

そんな質問をされたら何と答えますか?

え~と…たまたま?

飲みの席で隣になって話が合ったんだよ

このように意図的に形成しているんではありません。

多くの人はラポール形成できる相手と出会えるかどうかたまたまに任せているのです

  

どんなに正しいことを言っても伝わらない!? 本当に大切なこととは

正しいことさえいえば意図が伝わるわけではない

正しいことさえ言っていれば物事が人に伝わるわけではありません。

コミュニケーションとは正しいことを言って間違ったことを言わないでOKなのではないんです

機械の使用方法の説明についてだったら、

正しい使い方を紹介してくれなければ壊してしまいます。

人間関係においても機械の仕様方法のような説明をすることが合っているでしょうか?

例えば太っている知り合いの人が明らかに太っていることが原因でつらい思いをしているとき、

太っている人に向かってあなたは太っていると言うことで、

友人になれたり良い人間関係が出来るとは言えませんよね。

それでも中にはあなたは太っていると言われても気にならない人がいると思いませんか?

思ったことをズバッといっても怒られない人はコミュニケーションの上で大事なものが何かわかっているということですよね。 

安全な道を選びたからラポール形成された人を選択

安全な道を選びたい人は相手を選んで意見を聞く

信頼できる安全な道を人は選びたいものです。

仕事上のプレゼンであなたならどっちのプレゼンを採用したいと思うでしょうか。

入社3ヶ月の原稿を頑張って覚えた新入社員

「このプロジェクトは90%以上の確率で成功します」

入社20年の現場実績も沢山あるベテラン社員

「このプロジェクトは90%以上の確率で成功します」

2人は同じことを言っていますが伝わってくるものが違います。

「ベテラン社員が言うなら大丈夫だろう」

ベテラン社員の提案なら信頼感があり安心して採用できると思いませんか?

 

信頼していない人の言葉は受け入れられない

信頼されていなければ話を聞いてもらうことすらできません。

このことに気が付いていない人は一生懸命どんな話し方や話題を選んだらいいだろうとソフトの面だけ気にしています。

でも本当は話す内容は何でもいいんです。

話すその時にハードの面である相手とラポールが形成できていれば、

相手はどのように話されても受け取ってくれるようになります。

お前バカだな~なんて言ったらモラハラで訴えられかねません。

しかしラポールが形成されていれば笑って許してもらえます。

だからこそ、

学校や職場の人間関係を改善したいとかプレゼンを成功させたいと感じているなら、

まずはラポール形成として根回しとか草の根活動のように訴えかけていくことが大事ですね。

営業や面接など初対面でも”瞬時”にラポールを形成する方法

ラポール形成のための具体的な方法を解説します

ではここからラポールはどうやったら形成できるのか具体的な方法を見ていきましょう。

最初に見ていくのは初対面の相手とのラポール形成方法です。

本来、ラポールを形成するには長い時間を必要とするものですが、

「まずは信頼関係の構築から」なんてやっていられないですよね。

○○さんと親しくなりたい! 

□□会社を顧客にしたい! 

限定した相手を狙いたいときもありますよね。

こちらから意図的にラポールを形成したいときにの方法。

”瞬時”にラポールを形成する即戦力な方法をご紹介します。

  • 出身はどちらですか?
  • ペットとか飼っていますか?
  • 趣味は何ですか?
  • スポーツとか何かやられていますか?

など共通点が見つかればその後の会話は弾みます。

  

共通点を見つけて親しみを持ってもらう

共通点をお互いに認識することで仲良くなれたりしますね。

海外旅行に行くと同じ日本人に会えただけでも親しみを感じてしまったという経験はありませんか?

よく話をする人が地元の方言を使っているような気がしたので聞いてみると実は近くに住んでいた

話の端々に自分が興味のある分野の話題がちらちら出てくるので聞いてみると趣味が同じだった

共通点を見つけられた人とは親しみを感じさらに仲良くなります。

初対面の人とはまず雑談をして共通点は無いかと探していきましょう

NLPの技術で共通点は作ることもできる

共通点はNLPの技術で作り出すことができます

もし共通点が全然見つからなくても共通点を作り出す技術があります。

共通点を意図的に作ることで信頼を得ることができます。

これはNLP神経言語プログラミングという催眠術の技術を学問に昇華したマル秘テクニックです。

NLPを使うことにより共通点を作り出してラポール形成をする方法です。

ペーシング 声の調子や呼吸をまねよう

ペーシングという技術は相手の声や呼吸を合わせていく技術です。

声と呼吸を合わせることでラポールが築くことができるんですね

ラポールとは信頼関係のほかにも同調するという意味が込められているからです。

声の同調

声を合わせるには声の大きさや高さやしゃべる速さを合わせます。

声のペースを合わせるのは少し大変なので練習が必要です。

いきなりやろうとすると何の話をしているのかわからなくなりますのでご注意。

呼吸の同調

呼吸の合わせ方は肩や胸や全身を見てみるとわかります。

息を吸うとき体が膨らむのでゆっくり肩が上方向に動いているサインを見逃さないでください。

相づちを打つとしっかり聞いてくれてる感が伝わり効果が上がります。

ミラーリングで相手と同じ動きを使用

ミラーリングは相手と同じ動きをする方法で相手に同調します。

相手の動きと同調させることによりラポールが形成されます。

  • 相手がお茶を飲もうとしたら、自分もお茶を飲む
  • 相手が大きいジェスチャーをしたら、自分も同じ大きいジェスチャーをする
  • 相手が深刻そうな顔をして話していたら、こちらも深刻そうな顔をする

ミラーリングにはいくつか注意点があります。

  • 相手をよく観察しないとできない。
  • やりすぎると違和感が出る。
  • 意図が見えてはダメ

過度にやりすぎるとラポール形成ができなくなることになります。

相手をよく見ないと観察できないのでどんな動きをしているか観察します。

ガン見したらダメですよ。

全く同じ動きだけをしているとだんだん相手が勘づいてきます。

ミラーリングとモノマネと相手の感情

相手が勘づいてしまったらミラーリングに気づかれてしまったも同然です。

技を仕掛けてきていることに気づかれたら技の威力はなくなります。

ミラーリングが相手に与える影響を段階的に見てみましょう。

  1. ミラーリング開始
  2. 相手の気づき「この人とは似たような動きになっちゃってるかな?」
  3. 相手の気づき「この人は私のマネをしようとしているな」
  4. 相手の気づき「この人は私をコケにしているんだな!!」

段階3以降はやりすぎて相手がミラーリングに気づいているのでアウトです。

これにならないために普段から練習しておく必要がありますね。

成功したら相手が同調してくる

成功したらどんなことが起こるのかといえば相手が同調してきます。

相手も同じように同調行動をしてきますのでこれは結果がわかりやすいですね。

同調してもらえたらラポール形成ができたと考えてお話を進めましょう。

バックトラッキングというオウム返し

バックトラッキングとは相手の言った言葉をオウム返しして同調する行為です。

相手と同じことを言うことでラポールを形成することができる技術ですね。

言い直したり別の言葉に変換したりと難しいことはしないで、

オウムのように相手が言った言葉をそのまま繰り返すだけでいいんです。

相手はそれだけで聞いてもらえてるとか言いたいことが伝わってると安心し、

信頼へとつながっていきます。

ずっと相手に合わせてマネしすぎても不信感や誤解を招く可能性もあるので、

会話の重要なところでのみ使用してください。

相手が伝えたい部分を言い返すことがコツ

話をよく聞いて相手が伝えたい部分を理解しましょう。

相手の伝えたいことを理解して返すのがコツです。

今日の帰りは大雨に降られて大変だったよ

⇒ × 大雨に降られたんだね

⇒ ○ 大変だったんだね

 

大切なパートナーと! 最強のラポール形成方法はコレ

ここまで見てきた方法は相手と共通点を見つけるとかマネしようということでした。

これだけを駆使してしまうとイエスマンとか調子のいいヤツになってしまいます。

相手に合わせて自分を抑えてばかりで本音を話してくれないなんて人とは、

最初は良くても親しくなっていくことはできません。

今度は友人や親友恋人や配偶者として深く長く付き合っていける

ラポールの形成方法についてご紹介します。

信頼できる仲間とはつまりあなたの味方のことです

どんな時も肯定してくれる味方というのは一番信頼できます。

信頼という言葉をここまでで何度も使ってきました。

しかしそもそも信頼って何でしょうか?

分解してみましょう。

信頼とは相手を信じて頼れるという安心があるということです

では安心できる人ってどんな人でしょうか?

嘘を言わない誠実な人とか人徳がある人のことですよね。

○○さんは安心できるといったように人により定義は違うものですが、

たった一つ誰もが共通して安心できる人がいます。

安心して意見を言うことができてどんなときも自分を肯定してくれる味方です

私はあなたの味方だよとずっと言ってくれそうな人は誰ですか

あなたと最強のラポールを形成ができる人はずっとあなたの味方でいてくれそうな人のことです。

学生時代の友人や親や兄弟や偶然出会ってすごく仲良くなった一生涯の友達。

四面楚歌の状況でもたった一人

  • 自分の意見に賛成してくれた人
  • どんな時もそばにいて助けてくれた人
  • 言いにくいこともハッキリ言ってくれて、自分の成長を応援してくれる人
  • 沢山失敗してきたのに、できると信じて見守ってくれた人

などなど挙げればキリがありませんがそういう味方こそ長く付き合っていける信頼できる相手ではないでしょうか。

味方になれたら相手のマネをしているだけではできない強い信頼関係を形成できます。

昔からいる友達は今元気にしていますかね。

そんな人がいなかったらあなたには今から出会うかもしれないチャンスがあるってことです。

ずっと昔からの人でもさっきであった人でもいいです。

最強ラポールのパートナーと出会い最強の人間関係を築きましょう。

そしてあなたはその人の味方になりましょう。

Online学習で心理学をもっと勉強してみる

あなたがもし今回紹介したような内容をもっともっと勉強してみたいと望むならオンライン学習なんてどうでしょうか?

新型コロナ以降オンライン学習の講座は急速に普及しコンテンツも充実してきました。

今は外に出てどこかのホテルに集まって講習を受ける時代ではありません。

自宅のパソコンの前でオンライン学習をする時代です。

あなたにもしその気があるのならココナラやUdemyでお勉強をしてみるなんていかがでしょうか?

本を読むよりも早く知識を身に着けることができるかもしれません。

ココナラはカウンセリングや相談、傾聴ができるコンテンツもありますので、

是非見てみてください。

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

まとめ

  • ラポールとは信頼関係のことである
  • 瞬時にラポールを形成するには共通点を見つけるか同調する
  • 強いラポールを形成するには相手の味方になる

味方になるって、やろうと思うと難しいことですよね。

ぜひ「この人と親しくなりたい!」と思う相手にだけでも積極的に味方になってラポールを形成してください。

人間関係についての記事も書いてるんで、よろしかったらどうぞ

怖い男性がモテる心理学的根拠ストックホルム症候群とは何?
ストックホルム症候群は怖い男子がモテる秘密ではありません。心理的な症状で好意を抱いてしまう現象です。悪用厳禁。怖ければ現象発生ですが心理的暴力であり不幸な人を生む要因になることを覚えておいてください。
回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか?
SNSでもリアルな世界でも誹謗中傷を食らって傷ついてしまったり、憎悪を抱いたり、悩ましいことが起こってしまいます。そんな嫌な気持ちを発生させる感情をコントロールする手段を書いてあります。

コメント

  1. […] ラポール形成って知ってる? 驚きの方法で人間関係超改善!!’ 怖い男性がモテる心理学的根拠ストックホルム症候群とは何? […]

  2. […] ラポール形成って知ってる? 驚きの方法で人間関係超改善!!’ 回避不可能?SNS誹謗中傷に対して我々はどうすべきか? […]

  3. ゆりりん より:

    こんにちは、ブログランキングから訪問しました。
    ラポール大事ですよね。私もNLP学んでいるので役に立っていますよ。
    また、訪問させていただきます。

  4. […] […]

  5. […] ラポール形成って知ってる? 驚きの方法で人間関係超改善!! […]

  6. […] […]

タイトルとURLをコピーしました