答えてはいけない不当予断の問いとは?何故答えてはいけないのか?何故うかつな言い返しがダメなのか?

  • バージョン
  • ダウンロード 0
  • ファイルサイズ 41 MB
  • ファイル数 1
  • 投稿日 2020年10月19日
  • 最終更新日時 2020年10月25日

答えてはいけない不当予断の問いとは?何故答えてはいけないのか?何故うかつな言い返しがダメなのか?

音声はこちら

 

どうも彦仙です!!

今回も卑劣な質問の型を紹介します。

不当予断の問い

といいます。

この問いに答えてはいけません。

そして、うかつに言い返してもいけません。

うかつに回答すると、自分の立場さえ危うくなってしまう、

卑劣質問です。

これを使ってくる人は特に要注意です。

多問の虚偽の記事を書きましたが、あれよりもたちが悪い!!

性格が悪く狡猾で、詭弁の勉強も熱心な、常にあなたにダメージを与えたい人。

そんな人が使う技術です。

悪用厳禁

注意してください。

そして、使うことがないようにしましょう。

使ってるのがばれたら

あなたも、卑怯者の仲間入りですよ。

答えてはいけない不当予断の問いとは?何故答えてはいけないのか?何故うかつな言い返しがダメなのか?

あのくだらない本、まだ読んでるの?

と、お気に入りの本を読んでいたときに言われたら。

嫌な気分ですね。

何気なく反論してしまいそうです。

しかしこれ、単なるいちゃもんじゃあない!!

高等テクなんですよっ!!

多聞の虚偽の時は「はい」「いいえ」で回答するタイプでした。

今回の不当予断の問いも「はい」「いいえ」で回答するタイプですが、

絶対に言い返したい......

気持ちが働きます。

私が読んでいる本はくだらなくなんかない!!

こう答えてやりたいですねー!!

するとこんな反論が!!

じゃあ、そのくだらなくない理由を説明してみろよ!!

......

なんと。

くだらなくない理由なんて、即答できるわけがありません。

くだらないと考える人の気持ちがわからないんですから。

これが

不当予断の問い

です。

言い返してしまったとき

何がいけなかったのでしょうか

単純に言い返してしまった。

これが良くなかった。

では、どう回答するべきだったのか?

解説していきましょう。

何がいけなかったのかといえば

私が読んでいる本は、くだらなくなんかない!!

という言い返し

これが良くなかったんです!!

そりゃあ、言い返したいですよね。

でも、別の言い方で言い返すべきだったんです!!

それは

なんで僕が読んでいる本がくだらないか、説明してください。

これを言ってやりましょう。

なぜ、そう思うのか?

相手には責任が発生しています。

このように前提の根拠を

相手に問い返すことで、

黙らせてやりましょう。

大抵こんなことを言ってくる奴は、

あなたが好きな本など

ロクに読んでないでしょう。

しかし例外もあるかもしれません

ネットの世界には論破して

ストレス解消したい奴がごろごろしています。

そいつらエセ知識人は、

あまりにも自己顕示欲が強いため、

情報弱者をけなして、

論破する。

そして、

スカッとする

このためにわざわざ本を読んだりします。

だから、

理路整然と言ってくる奴もいるでしょう。

そんなお行儀の悪い人の

お寄せくださった

貴重なご意見は、

読んだらメンタルに

良くありませんので、

ろくに読まなくてもいいんです。

このように返しましょう

あなたの言っていることは

理解できないので、

話しかけてこないでください。

これを告げて、その人との連絡をシャットアウトしましょう。

くれぐれも深追い厳禁

不要に追い込むような真似はやめましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました