ひこかつラジオ配信(ヒマラヤ)⇒毎日更新

オンラインボイトレ体験談14!!美声ナレータープラン上級編。アドリブってわかったゴール再設定の必要性!!

おんせいはいしん

どうも!!
オンラインボイトレ体験談記事は14本目です。
応援メッセージのボイトレに挑戦中!!

前回から美声ナレーターボイトレプラン上級編に入りました。
ボイトレはこれまでよりも先生の熱もはいり、
宿題もいただいてます。
やりがいも感じます。

2週間にわたり応援メッセージのトレーニングとして、
アドリブで人を元気づける音声配信を、
TwitterとHimalayaで発信していました。

アドリブ練習は楽しいモノでしたが、
語っているだけで、
自分が気持ちよくなるだけで終わってしまいました。

僕は人を元気づけたかった……
しかし、元気づけてほしい人だけではないんですよってこと……
考えてませんでした。

ゴールを再設定する必要が出てきました。

なんだか反省したような感じですが、
どんなボイトレとなったのかを解説していきましょう。

オンラインボイトレで気づいた「元気づけるための配信?その音声配信の原稿、大丈夫ですか?」もはや音声配信のコンサルですね

今回のオンラインボイトレでは、励まして元気になることがすべてではないということ。

オンラインボイトレは、
すでに音声配信のコンサルティングになっているのかもしれません。

僕は今まで、
「元気になれば人は安心して眠りにつけるんだ」
という意見は、かなり偏った意見であるということを、
気づいていませんでした。

冒頭のツイートでは、
励ましではなく、
やさしい言葉が欲しかったんだ
と、
気づきのツイートを上げている人がいました。

様々な人に届く配信を目指すのであれば、
僕のこの配信はその意見を取りこぼしているとになります。
僕が目指すべきゴールはそっちではないことを、
先生は把握していたかのように、
今回のオンラインボイトレで指導してくれたんです。

僕の真のゴールまで見透かしているような先生
もはやコンサルレベルですが、
どうしてわかったんですか?

アドリブで分かる「励ます側の意図と迷い」

アドリブをすると、
僕が(どのように励ましたいのか?)
意図がしっかりと分かったんだと、
先生は言いました。

アドリブを訓練してきましたが、
今回のオンラインボイトレでは、
先生に向かって実際にやることになったんです!!
先生のリアクション付きです。

なんだかてれるなぁ……

作品作りのため、
極力余計な感情を考えないように望みましたが、
なかなか消すことができない羞恥心。

幾度か繰り返す中で、
先生の様々なリアクションの中、
うっすらと思ったこと。

この配信……元気になってもらえないかもしれない……

そんなことを考えながら望んでいると、
先生から指摘をもらいました。

  • この原稿だと相手が元気になってもらえないかもしれないです。
  • 相手は本当に元気づけてほしいと思っているんですか?
  • まず共感がなければ相手の心は開かないので、原稿を修正しませんか?

美声ナレータープラン上級編は、
修正すべき内容の指導もあります。

一見辛口ですが、
コンサルは時に辛口になることが、
クライアントの期待に応えること。

先生に迷いや直すために重要な彦仙の考えは、
しっかりと伝わっていたんですね。
僕はいただいた事実を、
しっかりと分析して理解しないといけません。

先生の話は、
どんな意図であったのか解説していきましょう。

元気になってもらえない?「おやすみ配信」の意図って何だっけ

僕がおやすみ配信に込めているメッセージ

  • 元気になってほしい
  • 安心して眠ってほしい
  • 明日に希望をもってほしい

僕がこのメッセージが伝わると信じていないと、
メッセージが伝わりません。
先生のリアクションが曇ったりすると、
こっちも不安になり、
自信を失うのがわかりました。

先生のリアクションが曇った程度で、
マインドを引っ張られてもダメです。
しかし、
リアクションが曇った理由が、
根本的な理由であるとしたらどうか?

例えば、僕の配信を聞いて、
何にも感じない人や困っているのに元気にならない人の心を、
切り捨ててしまうような配信になってしまってはいないんだろうか?

不安になりました。

なぜ、こんなことになってしまったのか?
次はそのヒントについてです。

そもそも論!!相手は本当に元気づけてほしいと思っているのか?

そもそも論ですが、
相手は必ずしも元気を求めていないんだと。
人は元気になるべきだという、
思い込みがあった
ことがわかりました。

暑苦しいね。

世の中にはいろんな人がいるってこと、
頭が回ってませんでしたね。
他にはどんな人がいるんでしょう。

先生からアドバイスをもらいました。

  • 話をただ聞いてほしい人もいる
  • 同調してほしい人もいる
  • 暗い気分に浸っていたい人もいる

思えば僕にもそんなことはありました。
僕の配信に足りないマインドは「共感」とか「受容」の部分でしたね。

さて、ゴールの再設定の必要が出てきました。
今のままでは元気にならなければならないという、
僕の意見の押し付けとなってしまいます。
どのように足していけばいいでしょう?

まず共感がなければ相手の心は開かないので、原稿を修正しませんか?

原稿を直すってなかなか踏み切れません。
この内容で読み上げて何回も配信したことがあるからです。
しかし、
リスナーさんの心を開くことができる配信にするためには、
ゴールを再設定し、
原稿修正が重要です。

僕の原稿にも原稿のゴールにも「共感」が足りませんでした。
足りないものは足さなければ。
「女性には共感が必要なんですよ!!」
先生に指導してもらったこの部分がないのは、
配信を聞いてもわかります。

おやすみ配信は、
彦仙の過去の経験から、
どんな励ましが最適であるか判断し、
勉強してきた内容で効果があると考えた言葉を盛り込んでいます。
素人が自分の知識と判断で作った原稿。
だからこそ、
指導してもらった改善点は盛り込んでいきたいです。

取りこぼした意見、
盛り込んでなかった重要なコンテンツ、
リライトすることとっても重要ですよね。

さあ、リライトした結果はどうなったんでしょう?

オンラインボイトレコンサルで変わった僕の配信

オンラインボイトレのコンサルは重要な共感を教えてくれました

今回のオンラインボイトレでは、
コンサルのように、
僕が作った作品に対する意見をもらうことができたんですね。
通常のボイトレプランでは入ることができない領域です。

いただいたお話では、原稿を直す必要性を語っていただきました。
もう一つ宿題をもらいました。

「妄想でもいいので相手と対話しながらアドリブやってください!!できればホントにやってください!!」

今週も宿題は日々公開していきます。

さあ、これからどこまでパワーアップするでしょうか?

前回のボイトレ後の配信です。
ちょっと、空回ってませんか?

今回のボイトレの後、
ゴールを再設定し、「共感」を加えました。
原稿の修正をしたものです。

さあ、
新しく修正した原稿もできましたので、
対話しながらアドリブやってみます。
写真でもおいて話しようかな。

さて、こんな指導までできちゃう先生、
どんな人か気になってるでしょ?

オンラインボイトレと配信内容のコンサルをしてもらえる先生はこちらです。

オンラインボイトレ講師れいこ先生です。この方に指導してもらえますよ。

オンラインボイトレのイメージはどうですか?
動画教材ではなく、先生に直接指導してもらえるんです。

いつも笑顔の先生に、
失敗を恐れずにレッスンしてもらえるのは、
とても嬉しいですよ。

失敗するのはこわい!!
チャレンジできないその理由です。
人は失敗駆動型。
失敗すると成長する。
でも、人前では失敗はしたくありませんよね。

人は年齢を重ねるほどに、
いらないプライドがついていきます。
40を過ぎたおっさんである僕は、
人前で失敗したくない
気持ちがわかるんです。

オンラインボイトレはマンツーマンです。
他に受けている人が誰もいませんからね。
これなら多少は勇気がわくでしょうか?

人に知られてしまうかもしれないリスクを負いながら、
ボイトレを受ける時代は終わったんです。

人に知られることなくボイトレを受けることができるのは
オンラインボイトレだからです。

ボイトレメンバーは徐々に増えてるみたいですよー!!

ボイトレメンバーの皆さんの口コミ

あめのこちゃんはボイトレの先輩の方でミュージシャン。
曲作りしたりアルバム出したりコンピューターで作った音楽を配信するなど、
かなり活動的です。
先生の指導をリスペクトしています。

みょんちゃんは同じぐらいの時期だったと思いますが、
ボイトレを始め、今ではコンサルプランを受けてます。
コンサルプランは録画OKなんで、
先生に何回も指導してもらってる感じにもできます。
コンサルプランで解禁される録画機能は、
ノートの取りこぼしがあったかもしれないときや、
もう一回見てさらに新たな発見をすることができることもある、
おすすめ機能です。

そして、
実はオンラインボイトレは、
申込者が徐々に増えてるらしいんですよ。

Twitterでフォロワーしていただいてる、
マサルさんです。

以前から注目されていた方で、
Udemy講師でもあります。
オンラインビジネスをすでに始めている人が、
加入されたということ。
プロもボイトレを始める時代ですよ。

あきっぽいが彦仙は続いてます。何故?

そして、
どうして飽きっぽい僕が継続できているのかといえば、
先生が良い先生で学びがたくさんあるからです。

加えて、どうして進歩することができたのかといえば、
正しい知識を繰り返し入力してくれるからです。

体験してみたい人はぜひボイトレを受けてみましょう。

まとめ

  • 14回目。本当にたどり着きたいゴールを考え直した。
  • 「元気づけないといけない」は誤りだった
  • 本当に必要なものは「共感」
    原稿を修正し新たな宿題をもらった

  • 勉強してきた内容が絶対だとか考えたりすると、
    傲慢な意見を持ってしまうこと。
    今回はそれに気づくことができました。

最後まで読んでくれてありがとうございます!!
新しいゴールを目指します。
この後の体験談もお楽しみに!!

関連記事はこちら

ココナラ体験談記事!!ボイトレって興味あったけど、どんな効果があるか?ココナラに興味あるけどやり方は? 知りたいあなたに

ボイトレココナラ体験談2!!ボイトレ始めたての初心者はどのぐらいの頻度が適切?

ボイトレ体験談3!!スタミナ切れ+滑舌悪くても、彦仙は改善できたんだろうか?

ボイトレ体験談4!!Himalaya毎日更新40回その成果やいかに。まだまだ欲張ります

ボイトレ体験談5!!何故彦仙は1週間もたたないうちにもう一回ボイトレを受けたのか?

ボイトレ体験談6!!怒涛の月3回のボイトレ!!いったいどんなことをやってるの??どんなボイトレ??

ボイトレ体験談7!!ちゃんと練習してた?なにやら彦仙が先生に謝りたいらしいですよ?

オンラインボイトレ体験談8!!注意したい声の表情の使い分け「読む」から「演じる」

オンラインボイトレ体験談9!!ビデオじゃなくてレッスンだから一週間後に受けても効果が出る

オンラインボイトレ体験談10!!テンポアップした原稿読みと新たなゴール設定

オンラインボイトレ体験談11!!10回以上受けて体感できる効果、メリットは何?

オンラインボイトレ体験談12!!神話の法則最終回

オンラインボイトレ体験談13!!アドリブることできますか?朗読だけではできないこととは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました