ひこかつラジオ配信(ヒマラヤ)⇒毎日更新

ボイトレ体験談7!!ちゃんと練習してた?なにやら彦仙が先生に謝りたいらしいですよ?

おんせいはいしん

どうも!!

ボイトレ体験談記事は7本目です。

ボイトレ効果まだまだまだ上昇中です。

今回のボイトレは時間を空けてボイトレを受けたのでどんな効果があったかを見つめなおしました。

時間はあいてしまいましたが録画しておいた受講の様子をチェックしてほぼ毎日講義を受けていました。

宿題になっていたこともしっかりとこなしました。

ボイトレ効果以外にも大きな発見があったことについても解説していきます。

何に気づいたの?

まだ秘密です!!

ヒントは……

表情!!

解説していきましょう。

今回のボイトレ効果は? ボイトレは本人のレベル次第ですよってこと

ギターとベースは音域が違いますね

声が高い人もいれば声が低い人もいます。

男の人の声はどんなイメージですか?

低音でのぶとい声がセクシーでかっこいいな。と思いまーす。

ですよねー!!

だから、音声を録音するとき、そんなことが頭をよぎります。

低ければカッコいいかもしれない

ボイトレをして声の幅が広がったからって低い声でガンガン声出ししてもダメ。

声は自分がイメージしてるのと違う聞こえ方なんですよ!!

その声届いてるんですか?

ボイトレ前日の音声配信

ボイトレ講習をするまで何がいいのかわからないままです。

「低い声出してる俺はかっこいいかもしれない」

声が低くなりすぎて限界来てて思い通りに声が出ていないことを気付いてませんでした。

低い声が時間を追うごとにだんだん苦しくなってるような感じがする…...

彦仙の声の低さ限界近いんじゃないの?

残念ながら低い声でかっこつけても苦しさはごまかせませんでした。

苦しくなってる感じがして伝えたい内容が伝わりませんね。

この人苦しそうだなと思われてしまいます。

また、声が低いところで声を出しているとなかなか高い声に切り替えるタイミングがありません

無理やり途中から変更して急に声が変な話し方になるのでNG!!

つまり今回彦仙が意識すべきは声の高さなんですよーってことだったんです。

どうやって直したかについてはボイトレを受けていく中で学ぶことができます。

気になる人はぜひボイトレを受けてください。

ボイトレを受けてみる!!

ボイトレ直後の配信

直後に録音した配信は低くなりすぎないことを意識して発声をしています。

苦しそうなところが、なくなったね!!

この意識を維持できるかな?

だんだんうまくなることできるの?

復習をする方法を解説しましょう。彦仙的復習法。メモ取ってましたか?

ボイトレ講習でちゃんとやっておくべきことはおぼえたことをちゃんと実践していくことです。

そんなこと言ったってちゃんと覚えてるの?

メモもちょっとしか取ってないよ!!

そのためにちゃんと復習するのが大事です。

だからちゃんと復習できる仕組みを作っておかないとダメなんですよ。

彦仙はMicrosoft のOne Noteを使用して復習しています。

原稿読みの前にチェックすることを決めています。

  • 喉の開き方
  • 声の出し方
  • 口の開き方
  • 滑舌
  • 読みのとき注意するチェックポイント
  • などなど

原稿読みの前に必ず目を通す。

読む。

読んだ内容を聴いてから本番の録音。

この手順です。

これが技に磨きをかけるための僕なりのやり方です。

Microsoft One Noteが使えない人はEvernoteでもいいですよ。

携帯電話簡単にチェックできるんですよね

便利じゃないですか?

無料で画像やドキュメントなんかのコンテンツの保存ができるアプリです。

リンクはっときますね。

そんなこと言って……

メモなんかちょっとなんでしよ……

ちゃんと思い出せるの?

メモはパパっと要点だけ!!

あとで思い出すために使うんです!!

先生の話をちゃんと聞いてからまとめてノートを書くことが大事です。

大事なことは話をちゃんと聞いて、講義に参加することです。

しかし、僕は授業に参加して先生が何と言っているか理解することが大事だと思います。

はーいここまで、先生の話はよく分かりましたか? 特に彦仙君!!

そんな少ないメモで大丈夫なの?

昔はこのように小学校の先生には怒られたものです。

特にマンツーマンなら話の腰をおらない程度に質問するならオッケーですよね。

わかったら後で大体思い出しながら以下のことをやりましょう。

  1. 重要なことはこれとこれとこれという風にポイントをまず書く!! Point
  2. どんな効果があるか思い出しながらポイントを補強する。 Reason
  3. 話していた内容を思い出しながら理由を書く Evidence
  4. 後で見返すためにどんなことを教えてもらったか短くまとめて書いておく。Point

明日とか来週の自分に伝えるためにPREP法でまとめておくんです!!

PREP法って知ってます?

PREP法で説得力を高めるフレームワークを知ろう。話し方、書き方のコツ

そして最大の武器である今回のボイトレプラン特典で講義の録画ができます。

録画した内容でほぼ毎日見直して講義を毎日仮想体験してるんですよ。

僕は前回の講義の様子は何回も見ました!!

そこで気づいたことが!!

知ってる!!

彦仙の聴く態度悪すぎ!!

教えてもらうときの態度ってものがあるだろ!!といわれる前に直そう「聞く態度」

録画を見るたびに思ったこと……

それは聞く態度が悪い自分の姿が際立っていたことです。

土下座したいところですがその前に今回までに聞く態度を直そうと頭をひねりました。

直すべきつっこみどころは

  • 受講時の表情が最悪!!
  • リアクションの仕方も相手がリアクション取りづらそう!!
  • 感情のムラが激しいですよ!!
  • 集中力が途切れてるんじゃないですか!!
  • 今、別のこと考えてたでしょ!!

ってのが態度の端々から感じ取れるんですよね。

ほんとに気が抜けた態度でした。

すぐは直りません。先生ホントにすみません。

ブログの記事にもしていきながら直そうと思います。

前回まで自分の態度に注目してみるともうちょっと進歩できてたのかもしれない点がたくさんあります。

前回のボイトレ結果は下記記事です。

ボイトレ体験談6!!怒涛の月3回のボイトレ!!いったいどんなことをやってるの??どんなボイトレ??

ちょっとは反省しているみたいです。

あくまでメインはボイトレですが次回までにできるだけ集中力と、

よりよいリアクションを勉強しておいて円滑な講義に協力することにしましょう。

それでは!!

今回も、先生のご紹介!!行ってみましょう!!

彦仙が失礼な態度をとったのに親切に教えてくれた偉大な先生はどんな人?

れいこ先生のボイトレを僕が進める理由は本当にたくさんあります。

自分の声に自信がないって人はとても多いです。

僕もその一人ですがどうしても直したかった。

でもそんなに緊急ではないと思ってました。

それでもボイトレ講座を受けてから心に少し変化が起きました。

ボイトレを受ける前には感じることができなかったことがつぎつぎと心に沸き起こるからです。

そんな素晴らしいボイトレをしてくれるひとを他に知りません。

同じボイトレを受けてる人は、

この先生はすごいんですよーって言ってましたね。

ボイトレ+ナレーションの提案をしてくれた、

れいこさんはプロのソプラノ歌手でヨガのインストラクターという経歴があるため

解剖学や身体全般の筋肉に関する知識もありますからただ声を出すっていう指導ではありません。

声を出すことに関係がある体の筋肉をどう使うか?

まで教えてくれます。

また、先生は他人をボイトレしつつ自分もまた進歩するという考えです。

初回に受けたことは今も僕の中にしっかり残っていますよ!!

初回のレッスンの記事

ココナラ体験談記事!!ボイトレって興味あったけど、どんな効果があるか?ココナラに興味あるけどやり方は? 知りたいあなたに

れいこ先生のボイトレを受けられるココナラはこちら

れいこ先生のボイトレを受けてみる!!

音声配信はこれからが旬なコンテンツです!!

今すぐボイトレを始めてください。

もうすぐ音声配信の時代が来るといわれています。

YOUTUBEでも動画の需要はあるしナレーションだって需要があります。

つまり、これからは周辺ビジネスが盛り上がるってこと。

みなさんは周辺ビジネスのプラン立ててますか?

アメリカのゴールドラッシュの時代には金を掘る人よりも道具であるつるはしを売っていた人のほうが実は儲けていた。

東海道の往来が盛んだった古き良き日本は宿場町が儲けていた

だからお金が集まるその場所の周辺にはお金が集まる!!

だからナレーション業だってきっと期待できるはずです。

でも世の中の人は自分の声が嫌いだって人がたくさんいるんですよ。

だからこれはチャンスなんです。

今からボイトレレッスンを始めればきっとアドバンテージとなるでしょう。

そして実はこのボイトレは申込者が徐々に増えてるらしいんですよ。

僕は思います

始めるなら今だと!!

ココナラでボイトレ受けてみたらどうでしょうか?

れいこ先生のボイトレを受けてみる!!

 

まとめ

  • 自分に聞こえる自分の声と、他人が聞こえる自分の声は違う
  • 声が低ければいいってもんじゃない!!
  • 復習するためにノートの取り方よりも、まず内容を理解しよう
  • 講義を受ける態度や印象で円滑な講義に使用
  • 動画音声配信周辺ビジネスの準備のためオンライン学習などで知識を手早く身に着けよう

最後まで読んでくれてありがとうございます!!

ボイトレはまだまだ続けていきますんで、

その後の体験談もお楽しみに!!

関連記事はこちら

ボイトレココナラ体験談2!!ボイトレ始めたての初心者はどのぐらいの頻度が適切?

ボイトレ体験談3!!スタミナ切れ+滑舌悪くても、彦仙は改善できたんだろうか?

ボイトレ体験談4!!Himalaya毎日更新40回その成果やいかに。まだまだ欲張ります

ボイトレ体験談5!!何故彦仙は1週間もたたないうちにもう一回ボイトレを受けたのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました